更年期のつらい症状お悩みサポート

一生続くわけじゃない!少しでも楽に乗り越える方法を一緒に考えましょう。

更年期とは?

もしかして更年期?

なんだか最近、調子が悪い…急に熱くなって汗が出たり、頭痛やめまいもする。倦怠感もひどくて、なんだかイライラしたり。かと思えば、気持ちが落ち込んですごく不安になったり。今まではなんでもなかったのに。私、どうしちゃったんだろう…。もしかして更年期!?認めたくない。更年期って、いつから始まるの?いつまで続くの?

更年期とは?

日本人女性の閉経する平均年齢は50.5歳と言われています。その前後10年間の、45歳~55歳くらいを「更年期」といいます。早い人は40歳くらいから始まることもあり、遅くなる人は60歳くらいまでの人もいます。
その時期にさしかかると、急激にホルモンバランスが乱れます。女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下し、さまざまな症状が現れます。生活や仕事に支障をきたすほど症状が重い人もいれば、さほど気にならないという軽い人もいて、それぞれ個人差があります。

更年期の症状ってどんな症状?

のぼせ、ほてり、発汗、疲れやすい、倦怠感、めまい、イライラ、気持ちの落ち込み、うつ状態、不安感、頭痛、肩こり、腹痛、腰痛、吐き気、動悸、息切れなどさまざまな症状がみられます。

女性ホルモンとは?
女性ホルモンは2種類あります。
1、エストロゲン・・・生理終了後→排卵期に増える。
2、プロゲステロン・・・排卵後→次の生理に増える。

脳の視床下部は、常に血中のホルモンの量を管理しています。ホルモンが必要な時に、性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌。
→ 脳下垂体を刺激 → 卵巣に指令 → 1、エストロゲン
                 2、プロゲステロン を分泌します。
生活環境の乱れや、ストレス、疲労、更年期の年齢になることで、エストロゲンが足りなくなると、脳が卵巣に「もっと女性ホルモンを出せ」と指令を出します。その影響で、それ以外の周りの脳にも刺激を与えて興奮させてしまい、自律神経の調節がうまくできなくなってしまいます。
これによって、更年期のさまざまな症状がおこり、生活や仕事に支障をきたす場合を、「更年期障害」といいます。

カテゴリー

<a href=”https://kounennki.net/?page_id=9″>サイトマップ</a>

まだデータがありません。